2005年07月10日

Day By Day

「Day By Day」...。あれは高校3年の時だった。同級生の美少女に恋した私は、「日ごと、夜ごとにつのる想い」を胸に、大学受験のため京都に向かった。その時以来、私は彼女に会っていない。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご無沙汰しています。弘田麻由美です。覚えていらっしゃいますか?えっ、誰や?ですって?何回かセッションさせていただいたボーカルです。前にあの居酒屋でこのアドレスを教えていただいたものの、なにやかにやと忙しくしていまして今日見させていただきました。すごい!(^0_0^) 私もシャンソンを歌っていたときに作ったつたないホームページがありますがジャズに転向したので更新しなければと思いつつじゃまくさくてそのままですわ。(-_-;)
 団塊の世代が元気で団塊の世代を大事にするときっと景気もよくなるのにといつも思っております。
だって人数的に半端じゃないですものね。私もそれに続くものとして頑張りたいと思っています。
それにしてもたくさんの曲をこのページで聞かせていただいてとてもうれしいです。時間のあるときはまたまた是非お邪魔させていただきたく思っておりますのでこれからもどんどんいろんな曲を載せてくださいね。勉強になりますわ。(^.^)
 では、これからも宜しくお願いします。
Posted by 弘田 麻由美 at 2005年07月11日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
演奏:Speak Easy Quintet(もぐり酒場バンド)
30数年前、京都のナイトクラブで活躍(?)した学生バンドが、長い長いブランクを経て、再び「アマチュアおじさんバンド」として再結成。そこはかとなく哀愁が漂う中年の悲哀を、しっかりと味わってほしい。
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。