2005年06月19日

It's Only A Paper Moon

楽器を片手に大学からの帰り道、鴨川に掛かる橋の中ほどで見上げると、ビックリするほど大きな月が、東山の山の端にかかっていた。今はもうない市電が、窓から光を溢れさせて私の横を走り去っていった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Thanks a lot for giving everyone an extraordinarily memorable chance to read critical reviews from this site. It is often very nice and also packed with a lot of fun for me personally and my office peers to visit your blog at least three times in one week to see the new stuff you will have. And indeed, I’m also usually happy considering the special creative concepts you give. Certain two points in this posting are easily the finest we have all ever had.
Posted by orthotic inserts at 2013年07月25日 06:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
演奏:Speak Easy Quintet(もぐり酒場バンド)
30数年前、京都のナイトクラブで活躍(?)した学生バンドが、長い長いブランクを経て、再び「アマチュアおじさんバンド」として再結成。そこはかとなく哀愁が漂う中年の悲哀を、しっかりと味わってほしい。
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。