2005年07月28日

Smoke Get In Your Eyes

今はない荒神口のジャズ喫茶「シャンクレール」。煙草の煙が、ブラインドのすき間からさす陽光に揺らめく。入り口左の壁際のいつもの席に座ってコーヒーを飲む私は、詰襟の学生服姿だった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

And I Love So

ささいな事で喧嘩しても、やっぱり私は彼女を愛していたのだと思う。ふたりでよく行った、東山三条に程近い銭湯のことを最近しきりに思い出すのはなぜだろうか?
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

Autumn Leaves

マイルス・デイヴィスの「枯葉」を聴くたびに、落ち葉が散っていた京都会館第一ホール前のエントランスを思い出す。年に一度の軽音の定期演奏会が終わった夜は、先輩にくっついて木屋町に繰り出し、明け方近くまで騒いだものだった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

So Danso Samba

♪ソダソサンバ、ソダソサンバ、バイバイバイバイ...♪ 鴨川に面したカフェに、けだるい歌声のボサノバが流れていた。街が変わり、道行く人々の服装も変わったけど、私には荒神橋を渡って大学に通ったあの夏の日々が、心に焼き付いている。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Days Of Wine And Roses

アルコール中毒になった夫婦の、悲惨な生活を描いた1962年の名画「酒とバラの日々」。学生時代の私は、中年になったらジャック・レモンのような味のある大人になろうと思っていた。あれから30年、まだ私はジャック・レモンにはなれない。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

You'd Be So Nice To Come Home To

1971年の京都の夏、クーラーなんてない下宿は、夜だというのに茹だるような暑さだった。ヘレン・メリルの「You'd Be So Nice To Come Home To」を彼女と二人で聴いていた私が、「帰ってくれたらうれしいわ」と、曲名を何気なくつぶやくと、彼女が「私、帰ったほうがいいの」ってふくれっ面をしたのを昨日のことのように思い出す。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

Black Coffee

私がコーヒーをブラックで飲むようになったのは、いつのことだっただろうか。米屋の2階の下宿で、ペギー・リーが歌う「Black Coffee」のレコードをかけて、来ないかも知れないあの人を待ちながら飲んだ、コーヒーのほろ苦さがきっかけだったかも知れない。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

I'm Gettin' Sentimental Over You

1967年、大学に入って下宿生活を始めた頃、学校の帰りによく寄った熊野神社前の食堂の娘が妙に気にかかった。晩飯を食べて、市電が行き交う丸太町通りを歩いていると、なんだか「センチな気分」になったものだ。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

Lover,Come Back To Me

私が通った大学は、京都御所の東側にあった。晴れた日には、よく御所の木陰に陣取って楽器の練習をしたものだった。「Lover,Come Back To Me」、ラバカンは、その頃のレパートリーのひとつだったが、恋人のいなかった私には、去っていった恋人を忘れられない曲想が実感できなかった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

The Shadow Of Your Smile

明け方近く、市電の錦林車庫の側のクラブでステージを終えた私は、彼女の待つボックス席へ歩み寄った。30数年たった今では、もうどうでもいいことなのだけど、あの日の彼女の微笑みの意味は何だったんだろうか。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

When I Fall In Love

高校3年の時、同級生の女の子を好きになった。図書館で待ち合わせをして、他愛のないおしゃべりするだけの仲だったが、「恋に落ちると食欲がなくなる」というのは、真実だった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

Our Love Is Here To Stay

1970年の祇園祭の宵山も、鉾に明かりが灯った烏丸通りは人の波だった。Our Love Is Here To Stay...わが恋はここに。辻辻から流れる祇園囃子を聴くたびに想い出す、あの夜のときめきが切ない。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

Mew York State Of Mind

1980年12月、すでに広告会社に就職していた私は、CMの撮影のためにニューヨークにいた。そんなある日、ダコタ・ハウスの前で、ジョン・レノンが凶弾に倒れた。帰りの飛行機の中で流れていた、メル・トーメが歌う「Mew York State Of Mind」を、私は生涯、忘れないだろう。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

Time After Time

「Time After Time」...30数年の時が過ぎた今、大学卒業から現在までの記憶は薄れたが、大学時代の4年間の想い出は今も鮮明に甦る。バンド練習に明け暮れた学生会館第2ホールの匂い。学校帰りに雀卓を囲んだ日々...まるで昨日のことのようだ。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

All Of Me

大学3年の頃はタバコを吸っていた。通学のため荒神橋へ向かう鴨川沿いの土手で、その日の最初の一服をつけることがあった。頭がクラッとして、持っていたサックスのケースを落としそうになったが、妙にハイな気分だった。遠い日の鴨川は、今日も私の心に流れている。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

Day By Day

「Day By Day」...。あれは高校3年の時だった。同級生の美少女に恋した私は、「日ごと、夜ごとにつのる想い」を胸に、大学受験のため京都に向かった。その時以来、私は彼女に会っていない。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

My Romance

ある日、三条河原町を下がったところにあったダンスホールで、ステージを終えた私は彼女と出逢った。そして、もう30年以上も前の「My Romance」は、ひと夏で終わりをつげた。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

Everybody Loves Somebody

祇園祭が近い夏の宵の四条河原には、鴨川の流れに沿って2メートル間隔でカップルが座っている。三条木屋町から四条にかけて、そぞろ歩く恋人達の姿が眩しい。30数年前のあの日も、「誰かが誰かを愛している」光景には、何も変わりがなかった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

Bye Bye Blackbird

煙草の煙が漂うジャズ喫茶に流れていた、マイルス・デイヴィスのミュートトランペット。その突き刺さるような音色は、傷ついた私の心に沁みた。1970年の春の宵、約束の時間はとっくに過ぎていた。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

Tea For Two

二条通りを平安神宮に向かって歩くと、京都会館の手前にその喫茶店はあった。大学四回生だった夏のある日、私は付き合い始めたばかりのガールフレンドと、コーヒーを前に座っていた。その喫茶店も今はもうないが、彼女の面影も遠い昔のものとなってしまった。
posted by もぐり酒場のテナー吹き at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
演奏:Speak Easy Quintet(もぐり酒場バンド)
30数年前、京都のナイトクラブで活躍(?)した学生バンドが、長い長いブランクを経て、再び「アマチュアおじさんバンド」として再結成。そこはかとなく哀愁が漂う中年の悲哀を、しっかりと味わってほしい。
mypop
最新の記事をあなたのデスクトップにお届け!
ただいまの読者数:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。